2021年01月28日

エキシビジョン

初めての人にはまず何が行われるのか、どういう感じに見えるのかを示す方法としてとても良いと思うのがエキシビジョン。

 私が友人の誘いもあってSK1を購入し、もう一昔以上前にこのホビーに復帰した時のこと。SK1のルールブックを眺めながら、わかるような、わからないような...という感触でカウンターをワクワクしながら切っていました。そんなある日、情報源が雑誌だったか、ネットだったか、もう覚えていませんが、VASSALを知り、そのVASLをインストールしたのでした。

 当時はまだVASL4の時代。現在はほとんど落ちることのないサーバーですが、当時は時折切れるということが起きていました。そんなころに、初めてアクセスしてみたところ、JPNという部屋があり、そこでご挨拶をしました。そこにたぶん3人、あるいは4人程度の方がいらっしゃいましたが、お初ですというご挨拶に、VASLしませんかとお誘いを受けたのです。

 しかしまだルールブックを斜め読みしてうろ覚え。さすがに躊躇していると、ではエキシビジョンしてみましょう、とベテランの方からご提案がありぜひに、とお願いをいたしました。その時の対戦は今日も6ゾロ様とdora様。シナリオはT1でした。T1のセットアップをおそらくものの数分で終え、多少の解説を交えていただきながら1時間程度プレイを見せていただきました。

 時間がないことや初見の人へのエキシビジョンもあってか、米軍のdoraさんはアグレッシブに攻めていました。その防御の独軍が6ゾロ様。煙幕を盾にして進んだ米軍に対する最初の防御射撃がなんとピンゾロ!おどろきました...RS(ランダムセレクション)はもちろんですが、それまでの迂回、煙幕、その後の移動や対応など「こんなことをするんだ」と驚きながら見たものです。

 これは今のようにグラフィカルなvlogを簡単に取れるようなVASLではないわけで、先日、HDDを漁っていたらテキストのログファイルが出てきましたので、それを見て思い出したというわけです。でもこれ、移動も書かれていますので、できるだけ現在のvlogに書き起こして、眺めてみようと思っています。完成したらアップしてみますので、よろしければご覧いただければとも思います。

#なるべく早くやらないと、また忘れてしまいますね(汗)
T1-exhibition-trimmed.jpg
posted by tamagon at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ASL
この記事へのコメント
おっしゃる通りですね。 いきなりプレイに誘う前に
エキシビションマッチで見ていただくというアプローチ
ハードルが低くていいですね。 引き続きやっていこうと思います
Posted by INB at 2021年01月28日 20:15
コメントありがとうございました。

 そうなのですよね、どんな感じなのか、それを知ってもらうだけでも意味があると思いました。
 その意味で最近積極的に公開でプレイされているINBさんの姿勢が新たなプレイヤーを誘うことになるのかなと思ったりしています。私が始めた頃は平日の夜でも大抵1,2名の方がJPN-chatという部屋で話したりしていらっしゃいました。また盛り上がるとよいですね♪

>INBさん
>
>おっしゃる通りですね。 いきなりプレイに誘う前に
>エキシビションマッチで見ていただくというアプローチ
>ハードルが低くていいですね。 引き続きやっていこうと思います
Posted by tamagon at 2021年02月03日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188347205

この記事へのトラックバック