2006年05月21日

VASLモジュールアップデート

huL70.gif

みなさまよくご存知のVASLですが、とうとう5.3にバージョンアップされました。主な内容は、
・AoOカウンタ(枢軸中小国およびその車両等)のサポート、ハンガリーも入ってます
・一部、戦闘結果表などの見直し?
のようです。

全般的に歓迎できるのですが、IFTが妙に大きくなっています。たまごんだけ?なら良いのですが、個人的にはちょっと大きすぎて見にくいと感じました。IIFTクラスの方が良いですね。

それとSZOにAoOのシナリオファイルがあがっています。いずれVASLのメインサイトに上がると思いますし、また自分でセットすればよいわけですが、一応、短期的に試験アップしておきます。
AoO.zip
う〜ん、うまくいくのだろうか。。。
posted by tamagon at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

SK3 BoxArt公開みたい、ほかにも

今日ぶらぶらとネットサーフィンしていると、SZO(と元ファイルがあるらしいConsim)についにSK3の外箱が公開。すでにMapは候補が公開されているので、シナリオさえできれば割と早く販売されるかもしれません。早くてねんまつでしょうけれど…

SK3Box

それから同じところを読んでいくと、DB3についてQ&Aが。その再販時期について、「Q: How long will this take to be printed?→A: Longer than Fire in the Sky, shorter than Armies of Oblivion.」との回答。

おいおいAoOよりは早いけど、って一体いつになるんだ…財布の紐を心配したけど、やはりMMPでした、ということですね。

Jounal7はP#に到達したので校正して印刷機にかけるとか何とかいっていたように思いましたから、これも早ければ秋から年末かな?

冬のボーナスシーズンが楽しみです♪
posted by tamagon at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

2006年05月20日

待望のシェンケ開催♪〜6ゾロさん編

とうとう待望のシェンケ対戦です。
以前からsetup結果はいただいていたのですが、今週は月曜から急に、ためていた仕事の報告を次週に求められ、何とかまとめなければ、ということでせっかくのウィークデーが台無し(ーー;)。それでやっとのことでまとめ上げ、今夜、急遽攻撃側のGerがセットアップして開催に至ったという次第です。その状況がこれ。

Schenke6ゾロさんsetup

実は帰りの車中でうんうんうなりながらRusの配置制限があるのをどう考えてくるのか、で悩みました。1ターン目はGere攻撃からですから最前面にはほとんど配置しないだろう、建物の裏側で待つか、2列目以降で待ち構えているのか、というところです。しかし最初の建物群に分隊を置かないという選択肢は普通に考えると、万が一(私のようにあまり考えずに)突進されると難なく突破されてしまう。それに今までのSKでの対戦から、6ゾロさんならおそらく足止めの分隊を置いて、要塞へ整然と後退していくという戦法を取られるだろう、そう考えていました。

そこで1ターン目はHMG,MMGを抱える分隊を中心に待機射撃を宣言。初期配置で展開した分隊と、RallyPHASEで展開したHS4個で隠蔽を剥がしにかかりました。ここまでは良かった、と思うのですが、結果はまだ中途半端でした。Rusの隠蔽を剥がすなら、もう1個分隊を展開しておけば、838突撃工兵も楽に浸透できたはず。また地形を甘く見て、あえなく混乱分隊の山。指揮官も負傷、そこまでしても相手は奇跡的に回復し、1個分隊の混乱+ELR落ちができただけ。
以下は1ターンの攻防を終えたところです。

Schenke6ゾロさんt1

先は長いです… (続きはまた進捗したら追記していきます)
posted by tamagon at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

2006年05月09日

探し物をしていたら

コメントもいただいたたかさわ様の主催による猿遊会でのこと、ある方がS1シナリオの原型だよ〜、と教えてくださったものがありました。確か「JDJ何とか」というものでした。
結構あちこちのリンクから旅をして「JDS」とかは手に入れているのですが、どうしてもこれがない。ということで夕べは、う〜んとうなりながら、またネットの中を探していました。
するとASLRBの和訳を掲載しているsuzukiさんのサイトにあるリンクから南カリフォルニアASLクラブのサイトに飛ぶことができて、そこから何と、74もの翻訳(英語ですけどね)されたシナリオがあることを見つけました。ベテランプレイヤーの方々には当然の内容だと思いますが、とにかくびっくりです。容量も破格!34MBですから!!
しかも中にはCommandSchenkeのもとらしきものもあり、二度びっくりです。

これは頑張ってスタンダードまでできるようにして、一生物で遊び倒せそうです。う〜ん。でもSLから引き続き、盤外砲撃(OBA)はわかりにくいです…。
posted by tamagon at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

ASL沼への道…

先日の猿遊会参加で楽しみを覚えた、とでもいうのでしょうか、つい気が緩んだというか…

要するに、ですね。MMPのプリオーダーに手を出してしまったわけですよ…。勢いあまって、SK3とASL Jounal7だけならまだしも、DoomedBatarions、さらにはValorOfTheGuardsまで(ーー;)。

あ〜もう沼にはまっていくのか?わし…。

実はもう来月に帰国する予定の米国異動者にはAoOまで頼んであるというのに(汗)。ってか使いこなせるのか??いや、楽しんで使いこなそう、うん。

でもこうなるとまじめに困るのがマップの接続。旧タイプのmountedとSKタイプでは厚みが全く異なるのが問題。そこで、
1)台紙を置いて、そこへSKを並べ、Mountedをつなげ、さらにビニールカバーなどで固定
2)MountedもSKタイプもスキャナで画像を取り込み、カラーコピーの要領でソフトマップ化する
のいずれかをおいおい、進めていかないとなぁ、というところ。

実はレアなマップを使うためにVASLの画像をハードコピーして印刷、というのも試してみましたが、これは大きさの調整が難しく、またスクリーンキャプチャでは画質が悪い。直接画像を開ければもっときれいなのでしょうが、今はそこまで解明する余力もなし。

とにかく、先行きは大変ですね〜というとりとめもない話でした。
posted by tamagon at 00:57| Comment(7) | TrackBack(0) | ASL

2006年05月07日

ASL三昧(VASLにて〜UNOMASさんと)

家族もたまたま?映画を観に行っていたので、その帰宅が21時頃ということで猿遊会を20時で撤退。感想戦もほどほどに、さっさと帰ってきちゃいました。ちょっと申し訳なかったです。

で帰宅したらまだ家族が不在。わずかにこちらが早く、今度は駅までお出迎え。子供達は疲れて寝てしまったので、約束通り、引き続きVASLにてunomasさんと対戦。先方の希望がS2ということで、こちらがRusにてセットアップ。開戦前はこんな感じ。

MasaS2最初

どちらかというと最初にたまごんがGerをやったような感じでした。もっとPrepを使うなら6ゾロさんのようにハイスタックから一発、後はさくさく動く、というものにはなりにくいのかな、というのが対戦前の所感。

で始めてみると、FTが炸裂、あっさりとbroken。また射撃でも同様で、こりゃ先行き思いやられるな、と思っていました。H5の447は健在だったので、盤上右端は簡単にはいかないだろう、という点では安心していました。もともと左のF8は捨てて、中央から右を厚く防御、そのためにL6,L8に機銃を配置したわけです。でもL6はあまり機能しなかったな…。

ともかく、進めていきましたが、かなり慎重なのか、あるいは煙幕を使うのを忘れているのかどうしても分隊を混乱させないと渡ってこないつもりのようです。彼もまだSLの時の癖があるようで、FTやDCを548に持たせています。あ〜、この前の俺と同じだ、と思って見ていました(^_^;)。

結局2ターンまで終わりましたが、Rus側に増援があり、Gerはあまり進行せず、という状況で終了。Gerの乾坤一擲の反撃を防げればRusが勝てるかもしれません。

MasaS2t2まで

しかし今日は一日、ASL三昧。VASLの対戦も含めると、SKとはいえ、2+1(途中)にスタンダードのT1。MMさんには「大砲撃てますか?」とも聞かれたので、歩兵もやりながら、Ordanceも読み進めようと思います。

仕事そっちのけ(ーー;)でちょっと気になりつつも、楽しい一日に満足のたまごんでした。良いGWであった。

P.S.どらさんやふるきゅさんともお会いできたし、顔合わせまでできたのは幸いでした。またよろしくお願いしたいです<(_ _)>
posted by tamagon at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

ASL三昧(猿遊会〜うおPさんとS1)

こちらについてはきっと?詳細がうおPさんのサイトにあがることと期待していますが、ま、それはお楽しみとして、感想など。

お疲れのところ、お相手をしていだたきました。まず感謝<(_ _)>でした。で、カウンターの整理の仕方がなるほど、と。たまごんは多い部隊をそれなりに入れているので本人しかわからない(ーー;)のですが、うおPさんはクラス別に入れている。これならすぐ取り出せるし、すばらしい。今夜にでも整理してみましょう♪

でS1。MMさんとはUSで戦ったということを勘案していただき、今回はGerで。こちらの侵入は東側で北のほうへ指揮官+2個分隊467、という点では普段に近い展開でしょうか。一方、うおPさんUS部隊は最も西側に指揮官を配置し、自ターンで747+337に指揮官がM4に立て篭もる作戦。初期配置は一瞬、面食らいましたが、これはこれでGer側に大火力がないことを考えると、分隊の混乱から最も速やかに立ち直る良い方法で、こういう方法もあるか、とうなずいてしまいました。

ゲームは進行するのですが、お互い、特にうおPさんのDRが悪く、何回6ゾロをみたことでしょうか…でもMGが無いから故障はしないものの、お互いここぞ、というところでハイロールであ〜、という場面が中盤は頻発。

とはいえ、最後は緊迫する展開に。下手をすると勝利条件4ヘクス中、3ヘクスで白兵戦というところまでもつれましたが、またもやDRによって、結果はたまごんの勝利。は〜、緊張しました。で、こんな感じ?というUSの最終ターンPrep前の状況です。

適当Uo_PさんS1end

最後はyagiさんやルセロさんも口を出したそうにしておられて(^_^;)我々は萎縮していたのかもしれません(笑)。

しかし最近、多少の犠牲はやむなし、と考えて動かしている点もあるとはいえ、無謀な移動もまだまだ。良く考えてね、というのが多いので、頭が痛いところです。そういえば最初にMMさんに「煙幕をここで使って、云々」という戦術指南を受け、またこちらではいつものように「順番が違うでしょ」といわれ、まさしくその通りです、と反省しきり。

数かな、思考かな。いや両方か。今後とも、みなさん、よろしくお願いいたします。でも楽しい一日でした〜
posted by tamagon at 15:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ASL

ASL三昧(猿遊会その2〜MMさんとT1)

まだ全体の人の動きが少ないため、もう1戦やりましょうか、ということで、こちらからはS1,S2ないしはS6に加え、T1を提案。するとしばし勘案された後で、ではT1を、ということになりました。

陣営はこのところ6ゾロさんに鍛えていただいていたこともあったので、USを選択。MMさんのGerのセットアップは6ゾロさんとはちょっと違い、どちらかというとGAVIN側を重視したような感じであったように思います。…うおPさんのように、毎ターンでも写真に撮ると後で勉強になるのになぁ。今度はそうしてみます。

で実際にプレイ。GAVINのほうはまずまず煙幕も張れて、ただしさすがに撃ってこない(臨機射撃があまり多くなかった気がします)のでGAVINは村の中央突破部隊へ。8-0と2ないし3個分隊をQ10へ向けて丘を回しました。ただ、ここはさすがにうまく、すばやく丘の上へ隠蔽付きの半個分隊を回してきたため、白兵戦で除去するも、さらに進む途中でかなりの損害を出す羽目に。

一方、10-2の部隊は自重しつつも何とか道路の横断に成功。しかしこちらへも当然のように部隊が展開。しかもL4-M5のレベル1に立て篭もられて一瞬ひやりとしましたが、こちらは除去に成功。その代わり10-2が丘の頂上を大回りして向かうことになりました。

これが最終的には勝負を分けることになろうとは…先読みが甘かった。

安全を期して大回りした10-2と抵抗にあっていた8-0および村の突破に向かったGAVINのいずれもが最終ターンにQ10を突破できず、何とかHSは抜けたものの、そこでThe End。損耗の状態などは実際には大分違いますが、感じとしてはこのような最終形でした。

適当MMさんT1end

ひとつはQ7からのMMGによるFLが有効に機能しそうなこと、また両翼に防御部隊の展開を許してしまった侵攻の遅さ、いえ浸透の悪さとも言えるでしょう。これらの総合結果としてHSの突破のみしか許してもらえなかった、ということになります。

MMさんにはかなり遊ばれていたのに…次回に対戦できるときには、もう少しだけでも、まともにやってもらえるようにならないと、ですね。

しかし敵の隠蔽をめくることができないたまごんって…まだまだです。
posted by tamagon at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

ASL三昧(猿遊会その1〜MMさんS1感想)

今日は家族を省みず(^_^;)、猿遊会にお邪魔してきました。これを書いているのは伺った翌日なのですが、すでに写真がアップされてました。すばらしい…。

で、会は9時から開催されていたようですが、会場に着いたのは11時半過ぎ。今までSLGは中学から高校にかけて行っていたのですが、その時期でもコンベンションという大会にも出たことがなく、こういった例会は初めてでどきどきものでした。会場へ行くと、それはそれは立派なビル。会議室は4階で、エスカレーターで上っていくと、会議室の前にはエレベーターからこられたと思われる方が。知らん振りして一緒に入ると…そこには20名近くのSLGamerがおりました(^.^)

入り口右で、大きなヘクスに戦車のミニチュアを載せてプレイしている方々が。事前の情報でDASLをyagiさんとルセロさんが行うと聞いていたので、おそらくお二方だろうと思いつつ、ふらりと一周。もう一度戻ってちらっと見ていると、一緒に入った方を話をされており、そこで自己紹介。yagiさんから「やっぱりね〜そうだと思いましたよ〜。MMさん、何か相手してあげてよ」ということになり、MMこと三○さんに対戦していただきました。

まずはS1から。どちらにします?といわれて、多少のミスチョイスがあってもそれなりに回復可能(勝敗は別にして)と思われたUSを選択。結果から言うと、一応最終ターンまではやりましたが、てんでダメ。普段はやらない西側へのUS分隊派遣を行ったため、東側で戦力が薄くなり、中央を確保するのもやっと、という状態で敗退。絵を撮っておけば良かったなぁ。

MMさんの印象は「トランプのスピードって勢いでまくられて負けるよなぁ」という感じ。打ち手もたまごんに比べて正確で、かつ早い。先日友人ともやりましたが、そのときは8時間以上かけてやっと終わったところを2時間もかからずに終わったほど。圧倒された気分でした。
posted by tamagon at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

2006年05月05日

勉強不足だし

夕べは出先から帰宅して、すぐさま、VASL(笑)。良いのか、こんなんで。

お相手は約束していた6ゾロさん。ひとまずは前回と同様のT1、陣営はこちらがUSです。

この前はとにかく大回りしてQ1を目指す、という方針でしたので、それだけでは意味がないと考え、Y1からの部隊はGAVINを含め3個分隊程度を南に、2ないし3個分隊を北から、I1からの分隊は最小限を南に、ほかを北として、Ger分隊の制圧を重視した形態を想定していました。

「いました」です。

1ターンUSでは、火力が少ないのを見くびっていたところもあるのですが(行ってしまえ、的な)J3で分隊を失い、Y2でもPINとなって煙幕がなくなったところを狙い撃ち、SKにはない自発的後退を忘れていたこともあり、GAVINがGer1のPrepで死亡し、The End。どうしてこんなにも下手なんでしょうね…。撃ってもらっている、撃たせられないというのが下手な一因であることは間違いないのですが。

GAVIN死す

とこのあたりは、実は直後の再々戦でわかる部分もあるのです。

上記の通り、あっという間に勝敗が決してしまったので、もう一度、今度は陣営を変えて対戦。
 まずUSがGerに撃たせるためには囮となる分隊が少ない。なればこそ、展開をすべきである、というのは至極当然ともいえます。たまごん的には、モラルが低下することと、あまり撃たれない状況ならそのままでも良いか、という考えもあったのですが、今日の1戦を見ると不足は明らかです。

6ゾロさんは両側で展開を実施、見事、撃たせられました。その後の動きは、なるほど、と思うもので、こちらがやりたかったことをはっきりと証明していただけるものになっていました。こうすれば良いのですよね〜。

DRは確かに悪かったけれど、それ以前の問題が多すぎ。まだLOSも見えていないし、ルールも細部が全然だめ。状況への対処もマニュアル的で甘く、結果、2ターンUS終了時点でGerには厳しい状況で終了。

T1初Gerだが

まだうまくやればSWがある分で対応できる可能性もありますが、かなり泥沼化するのは間違いなく、もうほぼ決しているといっても過言ではないでしょう。こうしてみると、1回目が最もまともだったかもしれません…あの時はI1からをもう少し丁寧にやっていれば面白かったのに、と思ったくらいでしたが。

あ〜、もう参った。それとまだ迂回がはっきりわかっていないみたい。I1→I2/J1はOKなのですが、自分がやったのはI1/J1 -> I2/J2。これは確かにおかしいのです。前者をうまく使って分隊の基本移動力でJ2に到達できるということがすぐにわからない。

道のりは遠いです。はぁ〜。
posted by tamagon at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

2006年05月01日

やっぱりボロボロでした

夕べもチャンスはあったのですが、本日に対戦をお願いして、再び6ゾロさんとスタンダードの教練。

先日は1ターンまででしたので、T1 GAVIN TakeのUS2から。多少はシークエンスも頭に入れたので、どう攻めるか、についてしばし勘案。GAVINの部隊は基本が丘の裏から林を経由して一気にQ10へ、8-0を指揮官とするグループの一部は村を射程内に入れてGerの部隊を一部抑えつつ、機会があれば(練習を兼ねて)ダッシュで村を駆け抜ける、なんて妄想を抱いてました。また西側のOstbergの部隊はすでに一部損耗、KIAを受けており、戦力ダウンが否めないため、HSを丘の裏手を大回りで経由、残りは道路に煙幕を張りつつ南下、と大まかに考えました。昨日の状況に絵を描くとこんな感じ。

T12ターンから

ところがまず抜かったのは「当然だろ」と言われそうですが、I2からH1へ動こうとしたHSに対し、R6からMMGが…つい林があると見えない、という固定観念じみたものがあったため痛い目に。先日に続き、7FPなのに-3修正でKIA。

その前にもSKでもやったことがない「1個分隊の2回煙幕チャレンジ」とかとてつもない初心者ぶりを発揮し、動揺しているところへこの一撃。こんどは動転してしまって、もう後は脳内でてんやわんや。さらには混乱している分隊のNMCに対し、6ゾロを自分が振り込み、Elim。次の一手どころか、足元さえもあやふやになって、最後は以下のとおり。

T13ターンまで

ただ今回はスタンダードならではのイベントとして、HoBが2度、一度は東側のGAVINとともにあるように、戦意高揚+ヒーローという面白い結果も見られたので、それは良い経験になりました。

勝負は全く話しにならず、Gerに築壕さえさせられないという、全く不本意な結果ではありましたが、こんなへぼへぼ相手でも丁寧に解説をしていただき、さらには、ここで一旦、これは終わりにして再戦しただける!ということなので、次回はもう少し、吟味して対戦に臨みたいと思います。

う〜ん。CoIはもとより、SLでも丘を使ったシナリオは実はあまりやらなかった気もする…言い訳ですが。そういう意味でも、地形を想像できるかどうかもスキルになりそうですね。精進します。
posted by tamagon at 21:52| Comment(1) | TrackBack(0) | ASL

2006年04月29日

初スタン挑戦

やっとのことで(成果は別にして)長い出張期間が終わり、今夜からGWへ突入。多少はお気楽にすごせそうです。

そういえば夕べ、doraさんから猿遊会のお誘いを受けました。家族の予定がなければ半日くらい、寄らせてもらおうかなと思いましたが、未定です。

その代わり、ということでもありませんが、takaさんとYassanさんのS5を感染されていた6ゾロさんと何かしましょう、ということになり、先日のS6続きでも良かったのですが、ついにスタンダード教育試合をお願いすることに。

本当に斜めにしか読めてなく、読み込んでいるのはまだ隠蔽の前までだったので、もうおっかなびっくり。手順も多少、SKとは違うところがあるし、緊張し通しでした。

シナリオはT1 GAVIN Take。いわずとしれたお手軽歩兵戦闘シナリオです。

SETUPはまだ高度の関係を利用することがうまく出来ていないので、断念し、USを選択。6ゾロさんの配置後に盤外配置です。

ここからすでにオーバースタックを分ける為にどうおくべきか、とか、侵入経路をどうするか、とか無い頭を回して考えました。入り口は決まっていますから、どう勧めるか、ということに尽きるわけです。

西側は丘に沿って多少の射撃を受けても煙幕を道路に張って一気に進み、東は弾痕と煙幕の利用で、と大まかにターン進行を検討しました。しかし始まってみると、迂回に誤りがあったり、高度差を利用したLOSに見落としがあったりと、もうてんやわんや。

おまけにルールはスタンダードにしては最小限のはずなのに、本人がBroken状態では、もうあきまへん…。

で1ターン終わった状態がこれ。

初スタンT1t1end

Q10に塹壕を掘られてないのは作戦?それとも必要ないと考えて?そのあたりがわかりませんが、次回のお約束もお願いしたので、勝負はともかく、精一杯やってみようと思います。

少しずつでもスタンダードを覚えて、魅力あるシナリオを体験したいです!


歩兵と砲と馬までわかれば大分できるようになるのでしょうけど、道のりは遠いですね…頑張ろう♪
posted by tamagon at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

2006年04月27日

出張にて

先日のリアル対戦以来、今月は出張続き。おかげで体調もいまひとつ、という状態ですが、たいした仕事でなくでも行かねばなりませんしね〜。

ただ各地のホテルもよほど安いところや古いところを選ばない限り、インターネット完備が増えていて、そこでは当然、VASLを起動できるわけです(^.^)

先週は仕事を持ちこんで、飲んだ後も書類作成をしたりしていたので、そんなに余裕がありませんでしたが、今週は全く負荷もなく、楽チン。そこでつないでおりました。

すると今日はふるきゅさんとmochaさんとで話が盛り上がりました。当日は、またしてボードウォークでAnnual89を買ったところだったので、どんなシナリオが面白いですかね〜というような話をしていると、スタンダード未体験のtamagonに、手ほどきリーグをしていただけるということに。

さすがに出張先まですべてのシナリオを持ってきてはいないので(SKは持ってましたが(^_^;))、お題だけ決めました。結局、CommandoSchenke(A80)をやることに…。ルールは習うより慣れろ、という6ゾロさん方式を勧められてのってしまいましたが、これから勉強しないとなぁ、です。

市街戦はまだまだなのですが(-_-;)。道がうまく渡れないんですよね〜、といったら煙幕とダッシュという話が。ふむふむ。考えておきましょう。

でも今度はRusなのですけど。何かアドバイスあれば、よろしくお願いします〜緊張するなぁ。
posted by tamagon at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

2006年04月15日

友人同士で対戦しました

とうとうこの日がやってきました。アメリカから一時帰国の友人(でも初心者(^_^;))を交えて、4人で対戦してみました。

メンバーはtamagonと米国一時帰国のUomas(全員日本人です)、それから戦術級初心者でこの前練習対戦したmillstone、それにアメリカ駐在経験があり当初からASLを集めていたswimmer君の4名。ま、VASLなどで鍛えていただいているので、tamagonとswimmer君の2名に対してそれぞれが、と考えていました。uomas君もSL経験はあるので、SK2組でS1かS2でも、と準備したのですが…

実際にはtamagon+millstone(GER)対uomas+swimmer(US)でS1という、とてつもない対戦に(^_^;)。今回は写真もないので、終わりの状態(確かこんな感じでした)をアップすることにします。

経過はUSの初期配置に対し、Gerは北側に2個分隊+8-1を展開、西側は普通に?道路沿いから建物へという具合。一方米軍はかなり慎重に進めてきて、2個分隊が邪魔とみたのか、東の麦畑からのルートを中心に戦力を集中しました。

勝負は3ターンかな、と思っていましたが、中央をまだ抑えているためなのか、なぜかUSは余裕を持っているようで突撃してきません。とはいえ、さすがに射撃でGer1個分隊がBroken、次のターンには慌てたUS相手に後退を余儀なくされました。

一方西側はBrokenしたまま回復せず、5-4-8も敵の射撃でHS化して完全に膠着状態。それが3ターン頃に回復し、残っていたUSを駆逐することに成功。結局中央はUS、西はGerという状態で最終ターンを迎えました。

USは北側で慎重にしていたことが尾を引いて、最終ターンはとにかくCXで突っ込むしかない状況。個人的にはPrepを使ってもよいのかな、と見ましたが、敵は近接射撃+CCで混乱・駆逐を狙ってきました。

でもうまくいかないもので、最終はこのとおり。我がGerの勝利&tamagon初のASL勝利(苦笑)となりました〜♪

リアル対戦最終

この間、昼食を採ったりはしたものの、7時間くらいという???な進み方でしたが、楽しい一日を過ごせました。これでもっとみんなが関心を持つと良いですね〜
posted by tamagon at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

2006年04月08日

祝♪ASL-RB2和訳公開

とうとう数年に渡るASLerの先達の方の成果が公開になりました♪たまごんもお役に立てれば、と思ってメールをしたときにはすでに終わっていたのか、195さんから返事をいただくことなく終わってしまいましたが、その一方で、6ゾロさんからいずれ近いうちに公開になりそうですよ、とも伺っていました。

先日、MMPにSKの和訳が掲載されましたが、本ルールは膨大で、結局MMPでは不可能と判断したのでしょうか。個人ページ(札幌HGCの鈴木さん)での公開となったようです。いずれにしろ、これで電車の中での英文立ち読みは回避できそう(笑)。一日1ページ程度を斜め読みして「あそこは良くわからないなぁ」「この単語、後で調べるか?」なんてことがなくなるだけでも気が楽です♪なんてったって、社用で購入した機械訳ソフトはおばかでしたから(泣)。

とにかくSKルールでも穴がないように(最低限)したら、スタンダードもちょこちょこ読み進めようと思います。せっかくモジュールも5aまであるのですからね(^_^;)

ファイト♪
posted by tamagon at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

振り出しに戻る?

このところ年度末の前後はいろいろとバタバタしていたため、VASLともご無沙汰。先週末は各地で例会があったのですが、家族の予定とぶつかって断念。人生、ままならねぇもんです(笑)。

さて久しぶりにVASLを覗くと、そこにはSKS2-JPNの文字が。ほほ〜、これはぜひ参考にさせていただこう、と思っていってみると、大阪のTakaさんとYassanさんがいらっしゃいました。ところがYassanさんがサーバとつながりが悪いらしく、1時間ほど頑張っていましたが断念。急遽、代打ちとしてたまごんがGerを担当してしまいました。

setupはとっていませんが、一番最初のたまごんの配置に近い感じでしたかね〜。割と前面に部隊を配置。Rus右翼はそれなりに固めるというところでしょうか。そこで今まで6ゾロさんに鍛えていただいたことを考慮して、Prepで的確にDMへ追い込み、煙幕の援助を借りて一気に進攻するということで進めるつもりでした。

でもねぇ、やはりDRが悪くて、先方が良いと結局振り出しに戻るわけですよ(ーー;)Ger1が終わったところでこんな感じ。

S2-TakaG1

なんといいますか、む〜、やはり集中を間違った感じです。Rusは右翼がやや堅めに見えたのに、中央、右翼とも平均的に兵力を分散したのが悪かったか。明らかに突破しやすい右翼と中央に集中し、N3で道路を抑える程度でも良かったのかも。それから右翼も最初から548を右端C7に入れておけば煙幕炊いても接近できたのに。読みが甘い…。

鍛錬が足らないことを改めて自覚。来週は初心者同士のリアル対戦が待っているので、仕事もありますが(笑)、少し頑張りますかね〜。
posted by tamagon at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

2006年03月19日

また一人

さて連日ではありますがVASL。昨日の友人を巻き込んで、再度、S1にトライです。

今日は6ゾロさんに監督していただいたので、ルール面では安心。いくつか間違いもしちゃいましたが、概ね問題も少なく、だいぶルールが入ってきたかな、と安心しました。でも残留火力、置き忘れてしまいますが…。

でUSの彼とは1ターン途中で終了。こんな感じでした。
unomas060319

まCXで突っ込んで来るのはよしとして、まだSLの頃の癖というか、そんな感触があるのでしょう。つい敵の動きを読まずに撃ってしまう。自分と同じだ(^_^;)。だもので1ターンのUSの増援をむざむざと中央に無傷で突入。まだAPhを残しているので、西側はUSの打ち手で変わりそうですが、CCにすると不意打ちなければこちら2-1なのでかなり有利に戦況を支配できるかも、ただし勝っても隣接に16FPとなるので、そこが考えどころか、というところでしょうか。

で先方の都合でここまでとした後、今度は6ゾロさんとS2を。たまには私が攻撃側でと以前お願いしたので、攻守交替でtamagon-Gerとして対戦です。

Rusは配置がまずは重要なのは言うまでもないことがこのところの対戦でわかっていましたが、6ゾロさんはかなり大胆な配置。それでも1ターン目のPrepでうまいこと混乱を誘えれば、まだまだいけるという思いがありました。

初めて盤上左はまずまず想定に近い戦闘となりましたが、右は全然だめ。何とか突っ込んだものの、建て直しされ、また中央下部L8からのMMG掃射が左を押さえ込んでいました。結局、1ターン終わったところでこういう状況。多少スタックが見えやすいようにずらしました。

6ゾロさんGerS2T1まで

こりゃ苦しいなぁ。右はいずれ制圧できるでしょうが、それは中央が動かないという前提。早く左から押し上げないと。増援のタイミングがキーになる状況にまではもって行きたいですが…。次回はいつになるかな?週末でしょうか。考えどころです。これだから楽しいですが、苦しい(ーー;)。

VASLでいつかやった〜といえる日が来ることを祈りつつ…。
posted by tamagon at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

2006年03月18日

ふるきゅさんとちょっとだけよ〜ん

このところ疲れが出ていて夜はあまり頑張れなかったのでVASLもご無沙汰になっていました。ですが今日は予定通りならUS在住の友人が4月の一時帰国を前に、SK1をやってみたいというので、へたくそながらお付き合いしようと待っていました。

ところがいつまで経っても連絡なし。こりゃ忘れたか、さもなくば寝坊か?と思って断念しようとした矢先(だって9時約束でもう12時前でしたから)メールが入ってやっとインストールできました、とのこと。そこで待ち合わせてはじめようとしたのですが、当初の私と一緒でASLも、VASLもわからない。四苦八苦を超えたところで困っていると、すかさず現れたふるきゅさんが「ちょっとたまごんさんとやってみましょうか?」と。お〜ふるきゅさんとエキシビジョンでも回すのは初めてだ。ということでS1をやってみました。

Gerはふるきゅさん。エキシビジョンのせいか、あるいは、普段からこういう攻めなのかまではわかりませんが、かなりアグレッシブでした。西も1個分隊を囮にしてあっという間に勝利条件の建物まで迫り、東も同様で、あえて分隊を開轄地に進ませ、撃たせることでL7の建物へMPh中に進出、APhでざくざくと進んできました。なるほどな〜という動きで、私が一番最初にやりたかったことを確実にこなされてしまいました。

ただ今日はここまででおしまいになって、こちらとしてはふむふむという段階でお開きになったのが残念でしたが、それでも面白いものでした。

こうなると早くスタンダードへ進んで皆さんの胸を借りてみたい、と思わずに居られなくなってしまいますね。しかし英文ルールの壁は厚い・・・・
posted by tamagon at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

2006年03月05日

ビギナー同士で

今日はたまごんがASLを勧めていた友人にインスト?ってわけではないですが、一緒にプレイしてみました。ASL、リアルでの初プレイ。

ただ時間もそんなになかったので、S1を3ターンまで。先日の6ゾロさんとの経験から、不慣れなほうがUSをやるべきだろうと考えて、私がGerにてプレイ。

さすがにルールを確認しながら(というよりも、言いなりに近い状態だったかも)だったので、時間もかかりました。それにUSの先手もなぜか増援が北側近くに停留。一方こちらもできることは何でもやるべし、ということで煙幕こそ炊かなかったものの、ほかはいろいろとやってみました。

急速穂移動、壊走では阻止を受けてみたり。意図的ではありましたが白兵戦も実施。

3ターン終了時点で戦況はUS有利。う〜ん、ちょっとハチャメチャにやりすぎた感がありました。大体、初手から図々しく突っ込んだら相手方に良い目が出る一方、こちらは余裕の回復と思われたものがまったく回復せず。

参りました・・・。でこんな感じです。
S1Turn3

中央はほぼ制圧される見込み。西側にGerの制圧する余地がありますが、かなり苦しいという印象が。やはり(練習、ルール把握とはいえ)安易に白兵戦を挑むべきではないなぁ、というところでしょうか。

でも2線級の分隊と引き換えに、先方の337+9-1を葬ったのはさいの目に恵まれました。本番は4月。みんなできるようになっているのだろうか…不安です。
posted by tamagon at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL

市街戦その2

昨日に懲りず今日も、6ゾロさんの胸を借りてみました。

今日のシナリオはS2。スターリングラードでの市街戦をシミュレートしています。スターリングラードというとGuardsCounterATTACKがまずは思い浮かびます。といってもSquadLeaderの話。まだASLのそれはスタンダードを覚えていないのでお蔵入り状態です。もっともシナリオだけはMMPのサイトからダウンロードできるので、いずれは、と思っています。

さて以前は四半世紀ぶりの市街戦で6ゾロさんに1ターン目のprepで、次は同じRusをプレイしてFTで中央の建物をぼろぼろにされたので、今回はこれらを勘案した配置にしてみました。
060304S2setup

本当の序盤はこちらのピンゾロが数回でて、かなり有利か?と思われたのですが、中央近くの果樹園に立てこもっていた分隊があっけなくBrokenとなると中央を突破されて裏から包囲されて2ターンでほぼ殲滅。弱い…。
S2なれの果て

中央を増援が来るまで守りきるにはどうするべきか。う〜ん。今度は左右どちらかの建物は捨てて、中央重視で行くような配置を考えるか。

それにしても学習効果のないやつ…。研鑽せねば。
posted by tamagon at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ASL