2010年04月14日

久しぶりに書いてみました

こちらへの書き込みはもう1年くらい空いているような…アクセスされている方々には申し訳ない限りです。

さて、プレイはあまりしていないのですが、購買意欲は増進傾向(笑)。成果を書きつつ、上期の目標を作ってみました。

1)ASL以外のお買い物
 先日の東京でのガレージセールにて、以下を買いました。手元にないものがありタイトルは不明もありますが…。
・CMJ78:天下強奪
・MiH製 Turning the Tables
・MiH製(CH扱い) Velikye Luki
・APL製(CMJ扱い) プランオレンジ
・GJ9:激闘!キエフ奪回作戦
・CMJ別冊9号:パリ陥落1940
・CMJ別冊:マッカーサーの帰還;レイテ1944
・コマンドベスト:旅順攻略/奉天決戦
・同人出版系?:独ソ戦の南側のもの
・?:イタリア付近の作戦級
 それと通常の購入として
・ジャパンウォーゲームクラシック:日本機動部隊
・同上:日露戦争
・CMJ87:Barbarossa(WaW#1)
といったところでしょうか。

加えてシックスアングルズの
・砂漠の狐
・パットン第6軍
・ウォーフォーマザーランド
があります。順番に手をつけないと絶対無理かも…

これだけでも当分やっていけそうな内容ですね(^_^;)

そこでまずは上期の抱負。実際にソロでも良いのでプレイしてみたいものとして
・JWCシリーズ(日本機動部隊、日露戦争)
・TtT
・Barbarossa
・キエフ奪回作戦
です。東部戦線が多いのは仕方ないとして、さっさと一旦休止してしまって醍醐味を味わえなかったEP製についてもやってみたいと思っています。

後はSPIの南方軍集団もやりたいのですが、セットアップが面倒だった記憶があるので、手元でVassal化させてやってみたいかな、とも思っています。それには問題が一つ。
マップが汚い…折れ曲がり対策にセロテープを使ってしまったので色が違っていると言う難点があるのです。

若気の至り(-_-;)…

2)ASL
こちらも収穫は一杯。足元だけでも
・DB3
・ASL Journal8
・WO
・SK-BP
・operation special issue #1

また過去にも書いたと思いますが、ActionPackもあるし、Turning the Tideもあるし、こちらもお腹いっぱい状態です。

幸い?ASLリーグに参加中なので、仕事の合間を見ながら、適宜対戦していきたいと考えています。問題はVASLしかほぼ環境がないことかな…在京時は数カ所、対戦いただけるところがあったのですけど(^_^;)こっちでは休日動きにくい(東京に戻ったりもするため)のが難点。

目標は1シナリオ/月。多く立てるとノルマみたいになっても、ですから…

ということで、作戦級と戦術級はだいぶ揃ってしまいました。後は懐かしのTheRussianCampaignを手に入れたいところ。

ただ学生の時は時間もあったし、細かい字も読めたのに、年をとるとだめなのが情けないです。戦略級の味見はまだまだ先になりそうです〜
posted by tamagon at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | SLG一般

2009年06月26日

いろいろ買っちゃいました

このところ、仕事が忙しい、というか、あまり余裕がなかったりもして、ASLに励めない毎日ですが、もうじき棒茄子ということで、買っちゃいました(^_^;)

(1)Turning The Tide
 こちらは各所ですでに報告されているASLの追加シナリオ集。元はSLのモジュールにあったものなどを中心にASL化を図った内容と聞いています。
#一時期は対照表みたいなものがあったのに…手元になくなってしまいました(ーー;)

 シナリオ数は20。事実上手一杯なので、購入も迷いましたが、あったらいずれやるだろうということと、SLのreviceがあるということで決断。今後が楽しみです。

(2)CMJ87
 舞い戻ったライトプレイヤーとしては、友人達と遊んだAHのRussian Campaignははずせないところなのですが、まだこちらへ戻る前にCMJで再販・絶版、まだ多少はL2Dもあるようですが、そちらは勘案中とあって、今回のWaWのものを購入してからまた再考しようということで。

 CMJのサイトなどを見るとAH版よりも縮尺が大きいと友人から聞き、確かにそうだなぁ、と。ま、とにかく見てみないと、と事前に情報収集をせずに購入、開封すると、ルールが案外細かい。学生の頃なら「問題ない」というところですが、ちと読み込みが必要な気配濃厚です。
 とにかく一度やってみて、判断しないとね。

(3)新・戦国大名
 単身の身ですので、移動時間が暇。ということで、ふいに思い立ったが何とやら、で、長距離バスに乗る前に新宿YSにて購入しました。
 車中でぱらぱっと読んだ限りにおいては、ガチンコになりそうで、ランダム性が少なそうに思えます。最終ターンあたりの駆け引きの点でディプロマシーを髣髴とさせるのでは、と思いましたが、こればかりはマルチプレイをやってみないとわかりません。
 気心のしれたメンバーと手軽に最後までやってみることからかも、ですね。

ということで今回は至近で購入した3点。何だかASLはシナリオばかりが溜まっていく…(^_^;)
posted by tamagon at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | SLG一般

2008年04月06日

最近の興味

今日は本当ならASLの例会で綱島に行くはずでしたが、直前(開場の30分前ですから(^_^;))に連絡があるという事態で、結局、夕べの段階でだらけムードで断念。

その代わりにネットサーフしていろいろ情報をいただいてきました。ご存知のようにVASSALでは、有志皆様のご努力により、多くのGJ、CMJ用のモジュールが開発されています。ですので、そのおこぼれに預からんとして、メールさせていただくなど、わさわさしてました。

で、思ったことですが…やはり戦略級もやりたい!となりますと、候補は何かいな〜となるわけですが、
1)いわずとしれた(ノーマルの)第三帝国[AH]
2)いやいや、やはりAdvancedThirdReich[AH]
3)そこまでいくなら同じだけどWorldAtWar[GMT]
4)World in Flamesなんてどう?[ADG]
5)せっかくだからJohnPrado's ThirdReich+太平洋版[AP]
と、ちょっと考えただけでも枚挙に暇がない状況です。今の手持ちは1)5)なのですが、それ以前に対戦相手と時間とルールの読み込みができないのが口惜しい。ひとまずは5)を楽しめるようにするのが目標の一つかな、と思っています。

それと作戦級では最近のGJやCMJに良いゲームが多い中で、千葉会のyagiさんの記事(中身は読んでないのですが)に触発されて、久しぶりにSPIの南方軍集団のコンポーネントを見てみました。古めかしいデザインのカウンタですが、これが味わいがあるなぁ、と。近々、セットアップくらいはやってみようかと。

そして戦術級。本命はASLですが、ATSもあるし、精密戦術級ではありませんが、PL,PB、それとPanzerGrenadierもあれば、もちろんSLシリーズもありますね。こちらはPLを広げてみたい。でも近くの友人は(自分もそうですが)対戦経験なし。う〜む。

というところですか。

そうそう、最後に老後の楽しみに(笑)第二次欧州大戦[SPI]をば。…でもマップ広がらないし(ーー;)
posted by tamagon at 23:11| Comment(3) | TrackBack(0) | SLG一般

2008年02月23日

VATS

今回はアドバンスド・トブルク・システムの話です。

CMJのVol.66に付録としてゲームがありましたので、プレイされた方も多いかと思います。ここにこられる方はASLerの方が多いので、あまり興味をもたれないかもしれませんが…

前評判は「精密戦術級のASLに真っ向から対抗する商品」という雰囲気でしたが、ちょろっと見たところ、さすがにASL製品のThirdPartyとして供給してきたCriticalHitの製品だけあって、だいぶ似通っているといえなくもありません。詳細はさておき、選択肢が増えるという点は評価できるといえましょう。でもルールのバージョンアップが頻繁すぎるというのは辛いところではありますが。

で、この本作、日本語化されていますが、トブルクだけあって砂漠しかありません。それはそれで、今、ASLで砂漠をプレイできる環境がないので有用ではあるのですが、これ以外はそれぞれのモジュールを購入する必要があります。これら、たいていは単独でプレイできるもので、ASLのHASLにカウンターが付いたようなものと考えればよいものでしょう。

だいぶ脱線しましたが、日本語版が半額になったのを機に、あわてて購入してしまった…というのはナイショ(^_^;)それと、表題のバーチャルでのプレイをどうするか、というので、Vassalで昔から小さいモジュールがありましたが、今はCHからも供給されるようになりました。ダウンロードには登録して、さらに$0で購入する形になっています。

日本でも、へぼへぼ6+1さんが自作されたすばらしいものがありました。(これもナイショ??ならごめんなさい)ただ他のシナリオをもし行うには、米軍などのカウンターはないために難しいということがありました。この辺を反映してか、本家からのものは独露をはじめ、米英仏ベルギーとそろっていました。

これで対戦環境も充実??

でもVATSするくらいならVASLしちゃうんですよね〜(笑)
posted by tamagon at 15:42| Comment(2) | TrackBack(0) | SLG一般

2007年01月07日

初切りは

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
#今日まで松の内だから良いですよね(^_^;)

さて連休の谷間とあって、散髪に行ったりといろいろしましたが、今年初めて、カウンターを切ってみました。

何を思ったか、「Partisan!」のカウンターだったり…orz

まだYanksやFKaCはおろか、BVすらほとんど切ってないのに、なぜや〜と思いつつも1枚切ってしまいました。何やってるんでしょうね。ただ切っていて思ったのは「これっていわゆる枢軸中小国なのにイタリアより強いじゃない!?」ということ。

寂しすぎる…

それと先ほど、第三帝国のイタリアも切ってました。

毎度切るたびに思うことは、カドのつめ切り落としはどのくらいやるのかなぁということ。1mmくらい落とすのか?とか。数も多いし、1シート切るとくたびれちゃいますな。

今年も頑張りましょう(笑
posted by tamagon at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | SLG一般

2006年12月02日

懐かしのAHゲーム

元々私は戦略級が好きで、当初は初版か第2版の第3帝国を持ってみんなでプレイしていました。それからSPIの南方軍集団やWarInEuropeなどの作戦級、そしてSLの戦術級へと移行してきたのですが、もうずいぶん前のことで、第3帝国を手放しておりました。

しかし始めてみると、やはり手元に置きたくなるものです。APのJP'S ThirdReichはあっても、本家がほしくなるもの。そこで先日オークションで落としてしまいました。AHの第3版TR。それとセットのPanzerLeader。これでBritzとあわせて戦術級の戦車戦も友人と楽しめるようになれるかも、です。

いつやるんだ、という突っ込みは勘弁ね・・・(^_^;)
posted by tamagon at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | SLG一般

2006年08月21日

StrangeDefeat

今日は久しぶりにmillstoneさんとF2Fにて対戦。
#携帯で撮ったので容量の割には画質が(-_-;)

まずは先日購入したAP社製のStrangeDefeatを並べてみました。


SD初期light

ところがなんか変。取説と別紙で配置の番号がぜんぜん違っていたり、1ターンはじめようとしたらAirPowerが入ってないし。

う〜ん、製品として不完全だ…ルールもちょっとわかりづらいし。いや、訳ができてないだけでしょうかね。

って帰宅してAPで見てみるとセットアップと航空については訂正出てました…日本語はないけど、類似品を訳した人がいて、それを参考にすればもうちょっとはわかりやすくなりそう。

ただ相手に戦果を与えたときに、たとえば5Hitの場合、1戦力低下+退却はよしとしても、移動力を超えて退却することにルールブックとして言及なしはおかしいでしょ。さすがに。

SD-T1

それともあるのか?FAQだったりして…とにかく今後に期待です。戦域としては初期の西部戦線だし、面白いのですけどね。
posted by tamagon at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | SLG一般

2006年08月05日

お買い物

今週は出張があったので、ちょっとショップによって見ました。

で、ついにと言いますか、とうとう購入してしまったのがHollowLegion。なけなしの出張費を絞って捻出(笑)。こうなると早いところ、砲やAFVも動かせないともったいない気もします。砂漠はWoAがないので、できたとしてもVASL上。

…だからAFVを動かしてからですって(汗)

基本は歩兵でしょうから、そちらも必要なのですけどね。

それとAPの安いシリーズがあったので、2K弱で大戦初期のフランス戦線「Strange Defeat」を買ってきました。英文ルールですが、難しい感じは受けません。詳細は暇なときに読み込んでみようと思ってます。140個のカウンターですから順調に行けば2時間ほどのSLGだとメーカは言っています。ちょっとやるのに良いかもしれませんね。

また最近どんなものだろう?と思っているのが、同じくAP社のPanzerGrenadierシリーズ。非常に興味があります。先ほど買った作戦級の中にパンフがあったので読んでみると、まるでどこぞのParatrooperのようにイントロモジュールとして「Airborne」があるとのこと。ですので、機会があったらチャレンジしてみようかと思います。

ただ店で最近は多少ニーズも増えてますよ、と言われたのはATSシリーズ。Mannerheim'sCrossや末期のBerinのシリーズもあって、確かに興味は惹かれますが、ASLとどの程度違うのか、というところが気になります。コマンドマガジンのスターリグラードをやってから考えようかな、というところですね。

どちらかというとPanzerLeaderのような中隊規模に近く、敷居の低いものをやってみたいかな、ということでPGシリーズに興味があるわけですが、なにかお勧めはないでしょうかねぇ。両者とも単独で(別モジュールの必要性がほとんどなく)できるのはうれしいところですけど。

戦略級はThirdReichで。

後は海戦かしらん。

今はとにかくASLを中心におなか一杯状態なので、ぼちぼち、裾野を広げたいと思いますが、余裕はあるかな(笑)
posted by tamagon at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | SLG一般

2006年05月28日

とうとうAirForceが

AFDT-Box

ASLerの中ではネット対戦可能な「VASL」の使用は衆知の事実に近いものがあります。インターネットにつなぐことが出来る人は、試したことが無い人がいない、といっても過言ではないのではないでしょうか。

ところでそのVASLが元々「Vassal」という汎用ソフトから構成されていることはご存知でしょうか?VASLのサイトにも、そのような説明がありますから、まずみなさんご存知でしょう。そのVassalのサイトには、いろいろなゲームのモジュールがあります。たとえば、第三帝国、WarAndPeace、ロシアンキャンペーン、パンツァーブリッツ/リーダーなどなどです。

さてそこに、とうとうAirForceがアップされました。う〜ん、感慨深い。ちなみにスクリーンの状況はこんな感じ。状況は勝手においてみた、ユンカースJU-52を護衛するフォッケウルフFW-190をスピットファイアが追撃しているという、ちょっとありえなさそうな光景。

AF-test

まだバージョンは0.01なのでバグの可能性もありますし、これからなのでしょうが、それでもここまでのデータと完成度、素晴らしいです。今後に期待し、さらにはユーザ対戦もできるようになるかな〜。
posted by tamagon at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | SLG一般

2006年05月20日

千葉会に行ってきました

我が家の大蔵大臣兼総務大臣兼官房長官etcのお許しがでたので(笑)、念願かなって千葉会へお邪魔してきました。

ちょっと出足が遅くなり、到着は11時半近く。もともと松戸かと思ったら、その先に電車は乗るわ、徒歩は10分くらいと結構かかりました。しかし松戸は中学時に友人宅へ行ったときに下車したのが最後ですから、ほぼ四半世紀たっていると…いやはや、参りました(^_^;)。

会場についてみるとすでに2卓プレイ中。片方はyagiさん達が関が原をプレイ。もう片方はMMさんとルセロさんでジャーナルのクルスクミニキャンペーンをセットアップしているところでした。ふむ、お相手もいないのでまずは昼食。そしてぷらぷらしていると、MMさんから日露戦争(EPOC)をしてみませんか、とのお誘い。せっかくなので、ということで広げてみました。
#出かけるときにデジカメを忘れたのは痛恨でした…

1)日露戦争
 ご存知の方も多いのでしょうが、最初のユニットの数があまりに少ないことにびっくり。ところが毎ターン、両陣営に補給ポイントで増えるから中盤ではそれなりの数で戦線を構築。それでも30個ずつくらいでしょうか。しかし勝利条件をあまりわかっていない、たまごん日本は旅順要塞を落とす方向で進めていたものの奉天方面がてんでだめ。最後までは2)の対戦が組まれたとことと、さすがにASLとの2面打ちはしんどくなったMMさんとの合意で中断となりました。しかし久しぶりの作戦級、メイアタック、マストアタックなんて言葉もプレイ中に思い出しました(笑)。

2)AirForce(AH/HJ)
 次はやはり途中から来られた、いのさんとAFを対戦。いや、インスト(ーー;)。実は自分も持っていて、昔は友人とも対戦をしたことがあるくらい、表面をかじっていたのですが、さすがにきれいさっぱり忘却の彼方。そこでこちらはP-47、いのさんはMe-110だったかな?、で練習対戦。段々思い出してきたので、その後はDogFight。こちら零戦、いのさんバッファローの2機同士での対戦に。結果は回り込みすぎた零戦が中盤で1機撃墜されて最終の20ターンで終了。楽しめました。次回のチャンスがあれば、たまごん手持ちのエクスパンションキットも披露できるかな?

3)UpFront(AH)
 これは全く知らないのでインストプレイをお願いしました。対戦は同じくいのさん。途中でへぼへぼさんが登場(生へぼへぼさんはお初でした(^.^))、プレイを教えていただきながら、一応最後まで完了。
 ASLとは当然全く異なりますが、戦術的な戦闘をイメージしながらプレイすると楽しめるものだなぁ、と思いました。

と残念ながらASL関連は一切箱を開けることなく帰ってきましたが、それでも約9時間、お世話になりました。次回は…たまごんの都合で8月になるかもしれませんが、また伺おうと思います。

そういえば帰りがけに行商のyagiさんからJ43のプレイ本を購入しました〜読んでいずれ行うであろう、戦車戦に備えようっと♪
posted by tamagon at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | SLG一般

2006年04月28日

AP版ThirdReichなど

う〜ん、確かSKを手に入れてまたSLGへ思考が傾いた頃でしたか、オークションで新品の表記SLGと対になっている太平洋戦をセットで購入しました。

まず手に入れて驚いたのは、AH版と違って、チット制になっていたこと。これでは思ったとおりの作戦が組めないかも、というわけです。ただそれはAxisもAlliedも同じことなので、実際にやってみないとわかりませんが。

で今日も帰り際、リムジンバスまで時間があったので、またボードウォークへ。これで1週間に3回もお邪魔。先日は閉店間際だし、困った客です(ーー;)

本日は上記のSLGのガイドブックとAPが書いている冊子を見つけたので購入。2900円ですが、期待したのはGeneralにあったような戦略的な攻略記事。あけてみると、文だらけ…。カウンターが付いているので、キャンペーンの幅は広がりそうですが、もう少し、わかりやすくしてくれると良いのに、と思ってしまいました。

とにかく英文読解力をつけて、できれば絵も載せたものを作りたいですね〜。

あと、今欲しいのはPanzerBrizなどの戦車中心のゲーム。ツクダのTigerIを持ってはいるのですが、ソロプレイには向かないので、昔のものでも良いかな、と思いつつ考えている最中。

え?ASLで十分だろう?いや、ごもっともです…
posted by tamagon at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SLG一般

2006年02月26日

今日からはじめて見ようかな

お初です。某系列ではぽてととも名乗っているたまごんです。このブログ自体は昨年末から作っておいたのですが、ほかの日記を書いたりするので手一杯だったため、おざなりになっていました(^_^;)

が!環境もある程度、整ってきたのでそろそろ少しずつ、書いていこうと思います。今日は記念すべき第1回ということで、自分のSLG歴と経験を少々。

最初にSLGに触れたのは中学になってからで、当時の友人が持っていたタクティクスIIでした。しかし所有していた本人が理解していなかったのか、はたまた当時のホビージャパンの訳が悪かったのか、とんでもないゲームになっていました。だって、戦線を構築して全戦力を足して1度のdrで終わるゲームだったですから(ーー;)

でそんなことがあった後、同じ中学のクラス内に広まって、1回しかしたことのないものも多いですが、AH、SPIを遊んでいました。ロンメルアフリカ軍団や独ソ戦はよくやったほうだったでしょうか。

たまごんはというと、作戦級から戦略級へ興味が移って、第三帝国をはじめて買いましたね。これは面白かった。友人たちともかなりやりました。時にはアシカ作戦というよりもフランスへ肩入れしすぎたイギリスを空挺のみで降伏させたこともありました(^_^;)ただ問題は時間がかかることで、大抵はバルバロッサの開始前後で終わることが多かったのを覚えています。

そして次に買ったのが確か、スコードリーダー略してSLでした。ただこいつも対戦相手に恵まれず?、ソロではシナリオ6程度までで終わってしまいました。それでも最終的にはCoI、CoDそしてGIまでを、特に最後の二つはもう足を洗っていたのにもかかわらず購入してしまっていましたね。ある友人はSLシリーズに飽き足らず、ASLに手を染めんとしていましたが、当時の自分は英文ルールだけに金を出すなんてありえないと思っていましたから、ずいぶんもったいない時間をすごしてしまいました。

ほかにはAirForceシリーズ三作、GDW/HJの白ロシア、ラインへの道およびHJビターエンドも持っていました。友人とのトレードで第三帝国はどこかへ、そして手に入れたLuftWaffeと白ロシアはオークションで売ってしまいましたが。

でも今でも持っていてたまに眺めるのはSPIの南方軍集団、そして欧州大戦です。後者はポーランドのマップを学校に持ち込んで土曜の放課後に遊んだこともありましたか(笑)。でも結局今でもまともにゲームをしたことはありません。だってひろげられないですもの(ーー;)

そして高校も途中になるとクラスも分かれ、頻度が減ってきて、大学ではごくたまに、という程度に。就職後、一度だけAdvancedThirdReichを訳しなが遊ぼうとした下こともありましたが、いまひとつでしたな。自分がまじめに訳していかなかったから〜すんません。

そしてデジタルゲームへ移行していたたまごんはMagicTheGatheringでアナログへ復帰、これが2000年ころでした。さらに昨年初頭、アメリカへ異動した(今も、ですが)友人が購入したというASLSK1で再びSLGへ。今ではルールもまともに読み進められないながらも、スタータはSK1,SK2、そしてASLRB2、paratrooper、yanks、partisan!、ForKingAndCountryを所有するにいたっています。おまけに4月に一時帰国する友人にBV3を買ってきてもらうことになりましたので、モジュールも前半はそろいつつある状況。これでも先述のASLをはじめに買った友人には追いつきませんけどね。

彼は医者でアメリカへ留学していた時期があり、そのときに出ていたモジュールはすべてそろえた、と聞いています。ですから現行のコア・モジュールはすべて持っているのでしょう。もしかするとHASLもあるかもしれません。4月にはわかりますねどね。

さて遍歴はこの程度にして、次回からは「へっぽこの作戦ノート」を作っていく予定。どうなりますやら。
posted by tamagon at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | SLG一般